赤ちゃん歯科

 

 ようこそ赤ちゃん歯科へ

 
 
赤ちゃんの最初の歯は、生後6~9ヶ月頃に下の前歯から出てくることが多いです。
はじめての小さな歯はとてもうれしいけれど、ママの心配も始まります。
 
いつから歯みがきしたらいいのかな?
他の子より生えるのが遅い?
歯みがきしてみたけれど、大泣きされてしまって毎日大変。
などなど
 
ちょっと歯医者さんに聞いてみたいけれど
「まだほとんど歯も生えていないし わざわざ予約するのも・・・」
「お昼寝の時間がバラバラだから、予約しても行かれないかも・・・」
「はじめての歯医者さんに1人で行くのは心配・・・」

そんな風に思っていませんか?

赤ちゃんのお口について気になること、心配なことがあったら
なんでも気軽に相談できるところ
それが「赤ちゃん歯科」です。
 
毎週金曜日の午前中は、0~3歳の小さなお子さんのための
「赤ちゃん歯科相談日」です。
歯やお口のことについて、歯科医師または歯科衛生士がご相談にお答えします。
予約は必要ありません。
ちょっと聞きたいことがある、ちょっとみてほしい、
ということがありましたらお気軽にお寄りください。
 
1人で行くのが心配でしたら、
お友達と一緒にぜひかわいいお口を見せにきてください。
 
※ フッ素塗布や歯のクリーニング、むし歯の診断などをご希望の場合は保険診療になりますので、ご予約をおとりください。 

 

 いつから行けばいいの?

 
歯医者さんに行きはじめるのに「早すぎる」ということはありません。

歯が生える時期や順番には個人差があります。ご心配なことがありましたら、歯が生える前でもぜひご相談ください。

離乳食が始まったり、上の前歯が生えてからは虫歯のリスクが急に高くなりますので、その前に歯医者さんデビューすることをおすすめします。

産まれたときすでに歯が生えていたり(先天性歯)、生後1ヶ月くらいで歯が生えてきた場合(新生児歯)は、べろの裏を傷つけてしまったりする場合がありますので(リガフェーデ)、早目に受診してください。

 
 
 

 「赤ちゃん歯科」の流れ

 
① まずはお口の状態をチェック
 
歯は何本生えたかな?形や位置はどう?
虫歯になりそうなところはないかな?

ママの心配事はなんですか?

虫歯ゼロで卒乳を迎えるための授乳のしかた、
きれいな歯ならびを育てるための離乳食の進めかたや抱っこの仕方を知っておきましょう。
元気なお口を育てる楽しい遊びやマッサージもやってみましょう。

② 歯磨きしましょう

お口の状態に合わせた歯ブラシの選び方、仕上げみがきのやり方を練習します。

フッ素やキシリトールはいつからどんな風に使ったらいいのかな?お口の状態に合わせて上手に利用しましょう。

定期検診
 
赤ちゃんのお口の中は、どんどん状態が変わっていきます。歯の本数が増えたり、生え方が変わってくると、ケア方法やむし歯予防方法も変わります。
定期的にチェックをして、お口の状態に合わせたケアをしましょう。
 
むし歯になってしまったら・・・ 
 
赤ちゃんのむし歯はあっという間に進んでしまいます。もしもむし歯になってしまったら、すぐに適切な処置が必要です。
低年齢でも安全に処置ができる、子ども専用の器具を用いて治療を行います。
 
 
 

 ママ・パパのお口のクリーニング

 
赤ちゃんはお口の中に虫歯菌や歯周病菌が全くいない状態で産まれてきます。その後のお子さんのお口の状態を決めるのはママとパパ次第です。

とくに、1歳半から2歳7か月くらいの間に周りの人、特にママからのむし歯菌の感染が集中しておこることがわかっていて、この時期のことを『感染の窓がひらく時期』といいます。

この時期に感染するむし歯菌をなるべく減らすことが、お子さんの「むし歯になりやすさ」を生涯にわたって減らすことになります。

そのためには、3歳になるまで家族全員でお口のケアを徹底することが、お子さんのお口の中のむし歯菌の数を減らすことに最も効果的です。

パパやママも定期的なお口のクリーニングをしましょう。大人の方のクリーニングはこちら、むし歯菌検査はこちらをご覧ください。
 
 
※下野勉ら:「乳幼児における妊婦歯科教室の効果」口衛誌49,1999